危機?チャンス?急成長する中国エンタメ市場!

中国がエンターテイメントコンテンツの整備と、その拡大を進めています。今までは偽物でもコピーでもなんでもござれだった中国のコンテンツ市場。これが真剣に本物のエンターテイメントをビジネスにしようと動き出した事は、香港や日本にとってどんなポジティブな、そしてネガティブな影響があるのでしょうか?早速、見てみましょう!   <中国のエンタメ産業の拡大> 中国政府の海賊版の取り締まりや著作権を保護する政策の展開のため、映画、アニメ、音楽、ドラマやゲームなどの中国エンターテイメントコンテンツ市場規模はどんどん伸び、直近のデータによるとその収益は約50兆円とも言われています。 特に2015年頃から海外エンターテイメントコンテンツの購入や共同制作の大ブームになっていて、日本の各業界も中国というビッグマーケットでのビジネスチャンスを見過ごせなくなってきています。これはどの国にとっても同様の状況で、香港でも映画業界のビジネスが本土へ拠点を移したり、中国との共同制作番組やドラマなどを制作する事が業界にとって大きなビジネスチャンスとなっています。   <香港のエンタメ産業、救世主は中国?!> 中国との共同制作には表現に規制がかかるものの、香港のオーディオビジュアル産業は、経済貿易緊密化協定(CEPA)によって中国本土のエンターテインメント市場への優先的進出権を得ています。このため香港で共同製作された映画やテレビ番組は本数の制限なく中国本土で展開できるようになっています。 同時に、「当該作品の主要関係者*の 50%以上は香港の住民でなければならない。」などの香港側への配慮も十分窺われます。これからの香港の映画やエンターテイメント産業は、中国との共同制作などの中国マーケットで大きく収益を伸ばしていくことが予想されます。   <日本のエンタメ産業の救世主も、中国?!> 一方日本では、中国人観光客の爆買がまだまだ話題になっていますが、中国大手IT会社「テンセント」「ビリビリ」「YOUKU」なども日本の企業からエンターテイメントコンテンツを爆買いしているようです。 多くの海賊版の日本アニメを見て育った中国人には、今のような急成長している中国のエンターテイメント産業は想像もつかないほどでしょう。 しかし日本は「日本のエンタメコンテンツを爆買いか、中国もまだまだだな」などと高をくくってもいられません。なぜなら、これによって人手不足であったり、財源不足で窮地に立たされている日本のアニメや漫画業界が返り咲く可能性もある反面、将来的に、有能な日本のクリエーターは皆中国に買収され、日本独自の圧倒的ドメインだったエンターテイメント分野は中国へ、その座を譲らなければいけない状況になってしまうかもしれないからです。  …

最新’18年<香港・Z世代>SNS事情まとめ!(JP/CAN)

18年<香港・Z世代>社交網絡趨勢大合集! 今日は日本でいう、中学生から大学生の女子学生に集まってもらって彼女たちのリアルなSNS事情をざっくばらんに語ってもらいました。彼女たちの嗜好性から垣間見える、今の香港に暮らすZ世代のリアルな感覚をレポートします! 我哋早前搵咗幾位讀緊中學同大學嘅女學生,問左佢哋對於吾同社交網絡嘅睇法,同佢哋嚟個盡訴心中情呀!希望可以從而對我哋香港嘅Z世代有更深嘅了解啦!   それぞれのSNSへの感情。 / 對於吾同社交網絡嘅睇法。 最初に自己紹介をして、飲み物のオーダーが完了したら、それぞれのSNSにどんな感情があるのか絵文字ステッカーで表現してもらいました! 結果は… 簡單做完自介,嘢飲嚟埋,就用一個嶄新嘅方式—emoji等佢哋表達下對吾同社交網絡嘅睇法啦!結果係… バーン!登蹬燈凳! Facebookは1人ファンも居るようですが、もはや、おやじジョークに薄笑いを返すような寒い反応になってます!反対にSnapchatとInstagram(IG)はほぼ全員一致でポジティブな反応です。WeChatに関しては、おやじジョークに薄笑いどころか、結構冷めた反応です。そして意外だったのがWhatsAPP。冷めた反応というよりは、結構真面目にネガティブな感情があるようですね。 最後に、全国共通でもありそうなyoutube。これはやっぱり単純にリラックスできるチャンネルだと思います。(一人、使い方がよくわからない人もいるようですが…)ではコメントを見ていきましょう! 社交網絡嘅始祖Facebook得到嘅係一大個Fan呀!完全感受到大家對上世代社交網絡嘅冷淡對待。相反,Snapchat同Instagram(IG)得到一致性嘅好評呀! 而WeChat除咗得到可愛嘅便便之外,仲有”WeChat食得㗎?”攤大手版嘅無奈樣等等,成爲今日負評嘅大贏家呀!而使用率高企嘅whatsapp居然都吾好得去邊,大家都好似吾多鍾意喎。 最後睇埋YouTube,見到好多椰子樹,吾通大家睇YouTube嘅時候好似渡假咁Chill。(雖然有位同學表示吾識上YouTube。) 睇完結果就聽下班後生有咩解釋啦!…

メイド・イン・ホンコン:「紅A」プラスチック製品

このタイトル「香港製造」は日本語で「香港製」という意味で、映画のタイトルとしても利用されています。映画は20年の時を経てデジタルリマスター版で蘇り、FAR EAST FILM FESTIVAL でもピックアップされ、今年の3月から9月にかけて劇場で順次上映されています。興味のある方はチェックしてみてくださいね。 さて、香港の主要産業といえば観光業、金融業、不動産業、貿易業で、香港のGDPの90%(※)がサービス業です。映画産業も香港の代表的な産業のひとつです。それにひきかえ製造業は全体の7.2%(※)ほどで、物資のほとんどは輸入に頼っています。香港で創業した会社は、ほとんどが土地や人件費の値上がりなどにより、製造拠点を中国へ移し本社だけを香港に残しています。そんな中でも「香港製」にこだわり、香港人に長年愛されている製品がどう現在のマーケティングを活用しているかを見ていきたいと思います。今回はまず最初に「紅A」というブランドを紹介していきます。 <特別な紅色> 香港では誰もが一度は手にしたことがある「紅A」ブランドのプラスチック製品は、1949年設立の星光實業有限公司が製造していて、香港内では業界最大のプラスチック製造会社です。 会社のロゴが赤色のAなので「紅A」として親しまれていますが、その秘密はその赤色そのものにあります。既存のカラー見本を使用せずにオリジナルで独特の赤色を調合しているため、より鮮やかでシャープな、オリジナルの「紅」色のプラスチック製品を作ることが可能なのです。 <人気の商品> 「紅A」の商品の中で、プラスチックの書類ケースのような形の「落としても割れない、踏んでも潰れない、座れるスクールバッグ」も有名ですが、非常に人気があったのは「水晶」というランプシェードです。この特徴的なランプシェードは60年代のイギリスの鉄製ランプシェードの形が美しかったことから製造に至りました。今でも街市などでたくさんみることができ、まさに「香港的な街づくり」に一役買っているような存在です。 使ってみると、灯をつけた時に、プラスチック板がキラキラと光を反射し、ランプシェードがまるで水中を泳ぐ金魚の尾ひれのように美しくきらめきます。この商品は古き良き時代の「レトロ香港」を演出する商品として今もサイトで「Hot Item」としてフューチャーされています。 <時代と共に> 一方で、「紅A」はリビング用品、台所用品、飲食店向け、文具、工業用途など、さまざまなシーンで使える製品も香港内の工場で生産しています。時代の変化に合わせて商品のデザインもモダンになり、アイフォンケースのデザインを人気のイラストレーターとコラボレーションするなどして工夫を凝らし、その取り組みがますます香港の人々の好感を得ているようです。そして象徴的だったのが「webサイト」の改善やFacebookの活用。この「紅A」オーナーは3代目の30代の若い女性。Facebookで製品の強度を試すために、ちょっと笑える動画を作ってみたり工夫を凝らしています。現在のフォロワーは11,000人。  <まとめ>…

On the Go!: 濃密なキャリアパス6つ!

ー社内のコミュニケーションが大事とわかっていても、なかなか難しいですよね。TYAが社内のコミュニケーションの一環として行っているのが月に一回行っているOn the Go! テーマに沿ってメンバー同士で自分のストーリーを語ってもらう時間をとっています。 今回のテーマは「皆はどうしてデザインやコミュニケーションの仕事を選んだの?」6人のさっそく聞いてみましょう! 高官説,減少壓力要靠生涯規劃;而來自世界各地的我們,卻選擇在香港投身創意行業,為自己的生涯規劃了更多的壓力。 即使母語同樣是粵語的人,亦不一定能相互理解;所以在 TYA,我們每個月都會舉行一次「On the Go!」會談,加深之間的認識和交流。今次我們就選擇了談談「大家為何選擇了現在的職業」這個主題,了解一下大家怎麼就看不開,來到 TYA 上班。😂 ーJerry:ちょっとおかしな理由なんだけど、一番最初は、子供の頃に死ぬのが怖い、と思ってて、なにか自分が死んでも残せるものを作れるようになりたい、と思ったんだ。それから、もう1つの理由はいわゆる「お勉強」と違ったことがしたかった。平たく言えばペーパーワークが嫌いだったので試験の少ないところにいたかったんです(笑) ーJerry : 小時候莫名對死亡感到恐懼,然後就想著,要在離開前,在塵世留下自己的作品。另外一個原因,就是典型的「唔鍾意讀書」、「唔鍾意做 Paperwork」,所以就揀選來廣告這個最少 paperwork 的地方發展。…

Introducing New Member: Stephanie!

What did you study? 你喺大學修讀咩科目? 我係香港大學新聞及傳媒研究中心既學生,主修新聞及傳媒同韓國研究。大學第三年果陣我分別去左紐西蘭既奧克蘭大學同位於珀斯既西澳大學,修讀有關設計、音樂、電影同傳媒及傳理既科目。參與過澳洲同世界各地既唔同體驗同活動,我學到好既設計需要將用戶既感受罷喺整個體驗既中心。我亦慢慢發現自己對於令設計更感同身受有一種熱誠同堅持,並因而加入TYA成為CX/UX Designer。 香港大学でジャーナリズムと韓国語のダブルメジャーを専攻しました。 大学3年生時にはニュージーランドのオークランド大学とウェスタンオーストラリア大学に留学して、デザイン、音楽、映画やメディア&コミュニケーションのコースを受講しました。プログラムやイベントへの参加を通して、人の感情に寄り添ったユーザーエクスペリエンスをデザインすることの重要性を学びました。それに影響を受けて、より直感的で心地良いユーザーエクスペリエンスを提供できるようになりたい!と思ったことが、今、TYAでCX/UXデザイナーとして働くことにつながっています。 I studied at the University of Hong…

I Will Miss T.Y.A.

【與時並進的重要性】 還記得來到TYA的第一天,Loelle曾告訴我現今的營銷已不再局限於古板的傳統媒體,她強調“digital”的重要性。我雖生於電子世代,但我對網絡世界的認知卻有限,因為我在一年前才正式使用智能手機。現今社會無論是人與人之間的閒聊,以至職場上,人們圍繞的話題大多數是從網絡上發起的。因此,我們必須多關注網絡資訊才能與時並進。 【デジタル時代を常に意識する】 私がT.Y.Aに来た最初の日。マーケティングにはデジタルと伝統の両方が関わっていると私に語った。デジタルマーケティングの力を甘く見てはいけません。私はデジタル・ワールドについてあまり知りませんが、近年、デジタル・マーケティングは伝統的なマーケティングな手法を上回っていることを感じます。私はテクノロジー時代に生まれましたが、実はスマートフォンを使い始めたのは1年前。毎日の会話や仕事にかかわらず、人々が議論するトピックは、インターネットで読んだり、知ったりしたものばかり。デジタルの時代に遅れをとらないことが不可欠だと肌で感じる毎日です。 【Keep Abreast of Times in Digital World】 On the first day when…